ちょっと変わった面白い貯金方法として、これまで7000人の赤字家計を再生させてきたというファイナンシャルプランナーの横山光昭氏が「脳タイプ別」貯金法というのを紹介してます。元記事はこちら

横山氏が提唱する脳タイプは全部で4つ
・右脳×女脳
・左脳×女脳
・右脳×男脳
・左脳×女脳
右脳、左脳は馴染みがありますが、男脳、女脳というもあるんですね。男だから男脳、女だから女脳というわけではないという点がおもしろいです。

これらの脳タイプの特徴は

右脳:ひらめきや直感で理解し、感情で行動する。
左脳:文字や数字、計算に強く、頭で理解して行動する。
男脳:大枠を見とおして目標を決め、まっしぐらに進む。
女脳:小さな目標を決め、コツコツ地道に実行する。

これらのタイプを掛け合わせた結果

右脳×女脳
ぜいたくはしないが、ちょこちょこ買いでムダな出費が多い。
↓ 貯金方法
細かい出費を意識して家計を管理する。
・クレジットカードの使用をやめ、コンビニに行く回数を減らす
・家計簿アプリ でケータイや電子マネーを上手に使う
・電子マネーはチャージする金額を絞る

左脳×女脳
家計全体が見えず、かけるべきお金をケチって大出費につながる
↓ 貯金方法
週間、月間、年間など出費の予定を把握し、先にそのお金を抑えておく
・ハプニングに備えてお金をプールしておく
・自分に合ったオリジナルの家計簿を使う
・先取り貯金に取り組む

右脳×男脳
趣味や嗜好品が家計を圧迫、貯金が減りがち。
↓ 貯金方法
浪費癖を意識しこれを改善する。
・これまでに買ったものを書き出し「必要なもの」と「欲しいもの」 に分けてみる
・貯金の専用口座をつくる
・こまめに記帳し、増えていく実感を得る

左脳×男脳
手元のお金ばかりに集中し、口座引き落としを見落とす人が多い
↓ 貯金方法
楽しみのために使うことも大事。お金の使い方にメリハリをつける
・収入と支出を表にしてお金の流れを把握
・時間をかけて固定費をひとつずつ見直す
・気分転換になる趣味をもつ

これが全て当てはまるわけではないと思いますが、なんとなくでも自分のタイプを知っておくと客観的に自分のお金の使い方を意識できますね。