ウルトラマン、ではなくウルトラQに登場した、お金を食べるという珍しい怪獣。
お金が主食という設定なので、おそらく日本のキャラクターの中でも最も「貯金」のイメージに近いキャラクターではないでしょうか。ただ、話の内容は貯金ではなく、あまりお金に執着してはいけないという内容。

で、このカネゴンはどんなお話かというと

ウルトラQ第15話「カネゴンの繭」
お金に執心する金男少年は中から小銭の音が聞こえる不思議な繭を手に入れる。中のお金を取ろうとした金男は繭の中に取り込まれ、翌朝カネゴンとなっていた。お金を食べ続けなければ死んでしまうカネゴンに、友人たちのカンパするが、すぐに足りなくなっています。友人たちとともに何とか元に戻る方法を見つけ、その条件をクリアするために奮闘するのだが、、、。

お金というのは本当に扱いが難しいものです。
お金があれば大抵ことは何でも出来る。けどお金じゃ買えないものもある。お金で築けるモノもあれば、お金が原因で壊れていまう関係もある。お金の大切さも学びながら、あくまでお金より大事なことも学ぶ必要があります。

貯金というのは「お金を貯める苦労=お金の大切」を学びながら、その先にある目的(何かを手にいてる)ことの大切さを学べることだと思います。

ちなみにカネゴンの貯金箱もあります。中にはオークションで70万円もするような貯金箱がありました。
カネゴン貯金箱